« エジプト守護神占い | トップページ | あなたを屁に例えると »

2004.08.07

中国茶占い

これもまた、もうずいぶん前に、Un jourさんのところで紹介されていたけど今ではもうその記事は削除されてしまってる
「 中国茶占い 」
をやってみました。
結果は・・・

白茶ぁ?しらないなぁ、そんなお茶。
なんか、味が無いって感じが。。。

 【印象】 薄幸の美女ならぬ、薄幸の美男です。どちらかというと肌の色が白く、ルックスが非常に整っている男性が多いのが特徴で、女性に非常に一目ぼれをされやすいタイプの男性です。よく言えば、デリケートでエキセントリック。悪く言えば、もやしっ子で、絶えず体の不調や心の不調を訴えています。 とくに人生の荒波にもまれることもなく、苦労なく育ってきている今や貴重なおぼっちゃま君ですが、その苦労知らずが、逆に、はつらつとした雰囲気をそいでしまっているのです。 一度くらい、人生の荒波にもまれたほうがよさそうだけれど、このタイプの男性の場合、荒波にもまれたまま、海の藻屑とフラフラ消え、二度と浮上してこなさそうで、逆に誰も獅子に成って彼をセンジンの谷底へ突き落とす勇気のある者はいません。 また、そんな彼は非常に母性本能をくすぐるタイプでもあります。母親といつまでたってもベッタリだったり、母性本能の強い女性に保護され、かまわれることが多いようです。
ちょっと違うかも。 肌の色はどっちかといえば黒いし。。。 とんでもないおやじのせいで、苦労だらけの人生だったし。。。
 【性格】 疲れやすいからテンションを低くしているだけなのですが、ひじょーにクールな性格に見えます。喜怒哀楽がとても薄く、一見何にも心を動かされない彼のようですが、感受性はむしろ強い方で、ちょっとした周囲の空気を敏感に嗅ぎ取り、ヘコみやすい性格でもあります。これらの自分の性質を上手く利用すれば、文芸やアートの世界にその感性が開花します。 
疲れやすいっていうのは当たってるかも。でも、簡単には、ヘコみませんよぉ。
 【人生プロセス】「萎凋」→「乾燥」 たいした苦労もしていないのに、その独自の感性から人生の多くを思考し、徐々に人生に達観して来るセイか。若くして老人のように悟りきった人生を送りがちです。特徴としては、その思索の多さより、一度も人生の荒波にもまれることなく、人生を終わること。 また、客観的にはさほど不幸でもなく、むしろ何もかもに恵まれているのに、その感受性や思考パターンからか、自分を不幸だと思ってしまうナルシスティックなところで、随分損をしてしまっているのが特徴です。 
違う意味でいろいろ損はしてるかも。
 【向いてる職業】 作家やアーティスト、詩人(ただ、下手に売れてしまうと、人生の劇的変化に対応できず、早死にする危険性あり。死後も尚、薄幸のアーティストとして語り継がれるタイプです。)ヒモ 
さいごの「ヒモ」ってのがちょっと気になる。。。
 【性癖】 これは性癖ではありませんが。彼の繊細なイメージからはとても想像もつきませんが、脱ぐと思いの他に毛深い彼です。ところで、彼自身は、非常にデリケートで繊細な為、常に苦悩を抱えています。運良く、そうした苦悩をアートなどの才能として開花させられるようであれば、いいのですが。そうした機会に運悪く恵まれなかった場合。日々の苦しみの逃げとして、セックスを利用してしまう節があります。ずばり、セックス依存症です。 また、彼自身がそれでも全くモテなければまだ良いのですが、なまじ、女にモテやすいがゆえに、ヘコみながら、沈みながら、時に数百人切りをやってのけてしまったり。とんでもない記録を打ち上げます。女性にとってはマッタク持って失礼な話ですが、悲哀のドンファンです。また、精力はさほど強くはないものの、手先は器用なほうなので、しばしば夜の方で女性をとりこにしてしまい、ひもにおちついてしまう危険性も。 
はい、どっちかといえば、毛深いです。 ヘコみながら、沈みながら、時に数百人切りをやってのけてしまいたいですけど、そんな甲斐性ありません。 手先は器用なほうなので、しばしば夜の方で女性をとりこにしてしまいたいですけど、そんなテクニックありません。
 【ラッキーカラー】 白
緑が好きなんだけどなぁ・・・


|

« エジプト守護神占い | トップページ | あなたを屁に例えると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6732/1141691

この記事へのトラックバック一覧です: 中国茶占い:

« エジプト守護神占い | トップページ | あなたを屁に例えると »